【試合結果レビュー】福岡ソフトバンクホークス戦(第16回戦)

2017年8月18日(金)【第16回戦】
●東北楽天ゴールデンイーグルス 1 – 4 福岡ソフトバンクホークス◯

【勝利投手】
ソフトバンク:東浜 (13勝3敗0S)
【敗戦投手】
楽天:岸 (8勝6敗0S)
【セーブ】
【本塁打】
楽天:アマダー18号(4回裏ソロ)
ソフトバンク:柳田28号(1回表2ラン)、デスパイネ27号(7回表ソロ)、松田20号(7回表ソロ)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
楽天イーグルスファンのTatsu Eaglesです。

2枚看板の岸投手でも連敗止められず

3位の西武に3連敗して向かえた首位攻防戦。
2枚看板として則本投手と肩を並べるエースの岸投手が先発。
何としてでも連敗ストップと共に首位に迫っていきたい試合でした。

終わってみれば与えた失点は全て本塁打。
岸投手にしては珍しい内容だったかもしれません。

初回に2点先制されたのは痛かったですが、決して悪い内容だったとは思えません。
ソフトバンク打線相手にしっかりと投げていました。
何より、岸投手の後に投げた濱矢、森原投手がしっかりと無失点に抑えたのは評価できます。

とはいえ、もちろん勝ちたかった試合。
岸投手でも勝てなかったとなると、士気が下がりそうですね。

しかし、そんなことも言っていられません。
今日と明日の2戦、何としても連勝して勝ち越さねばいけません!!

再びオーダーを組み替えるも僅か1得点

再びオーダーを組み替えてきた梨田監督。
もちろん、それなりにデータであったり意図があったことでしょうが、結果としてはわずか3安打でアマダー選手のソロ本塁打のみ。
相手の東浜投手が良かったとはいえ、あまりにも打てなかったですね。
東浜投手はリーグトップの13勝目。
実績もある投手なので決して打ち崩すのは簡単ではなかったと思います。

それでも、岸投手も決して悪い投球だったとは言えないだけに、非常に勿体無い。

ここはやはり、1番茂木、2番ペゲーロ、3番銀次、4番ウィーラー、といった好調だった時のオーダーにした方が、と思ってしまいますね。

今シーズン初の4連敗

上位争いをしている西武、ソフトバンクに相次いで敗れて今シーズン初の4連敗。

昨夜は西武ライオンズも負けたのでそこのゲーム差が変わらなかったのは不幸中の幸いですね。

とはいえ、何気に今シーズンまだ3連敗以上していなかったというのは少し驚きました。
今シーズンは序盤から快調に勝ち続けて首位をキープしていましたから、4連敗している今、かなり負けている印象があります。
しかし、相手チームは上位の2チームで、どの試合も決して悪くない内容だと思います。
むしろ、レベルの高い試合とも言えるのではないでしょうか。

序盤が好調だっただけに連敗が気になるところかもですが、私としては今まで負け続けていたシーズンもよく見ています。
それに比べれば、まずはAクラスがほぼほぼ確定している現在の状況は良いと考えています。
もちろん、優勝を狙って欲しいのは当然。
しかし、現実的にずっと勝ち続けることは難しいですし、相手も全力です。

その中で選手たちがお互いの最大のパフォーマンスを発揮することにプロ野球の醍醐味があります。
その点を忘れず、1つ1つの結果に一喜一憂せず、良い部分はたたえ、ダメな部分は怒る。

その辺りをきっちり分別を付けて応援していきたいものですね。

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA