【試合結果レビュー】西武ライオンズ戦(第18回戦)

2017年8月17日(木)【第18回戦】
●東北楽天ゴールデンイーグルス 0 – 3 埼玉西武ライオンズ◯

【勝利投手】
西武:菊池 (12勝5敗0S)
【敗戦投手】
楽天:ハーマン (3勝1敗1S)
【セーブ】
【本塁打】
楽天:
西武:栗山7号(9回裏3ラン)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
楽天イーグルスファンのTatsu Eaglesです。

安樂投手は無失点も

昨夜のゲームはお互いに高校時代、甲子園を沸かせた名投手。
楽天イーグルスは先発した安樂投手が済美高校出身で、
当時は物凄い剛腕投手として一躍有名になっていましたね。懐かしい。

西武ライオンズの先発は花巻東高校出身の菊池雄星投手。
こちらも剛腕投手で切れのある変化球も鋭い。

さて、安樂投手は今シーズンやや不安定な内容が続いていましたが、
昨夜は7回を投げて無失点とゲームはしっかりと作ってくれました。

西武打線はここ最近好調だっただけに、今回の内容は良かったです。
そろそろ勝ち星を重ねて、来年こそは2ケタ勝利を目指してほしいですね。

早く先発ローテーションの軸となって欲しい!

最後はハーマン投手が打たれてサヨナラ負け。
仕方ないと言えば仕方ないですが、早く松井裕樹投手の復活が待たれますね。

せっかく安樂、高梨投手と若手の投手が無失点リレーをしてくれていただけに、
勿体ない内容となりました。

銀次が4番に座るも無得点

今シーズン初めて、好調の銀次選手が4番に座ったオーダー。

満塁のチャンスを作るなど菊池雄星を着実に追い詰めていましたが、
いざというところで得点出来なかったですね。。

この3連戦は初戦が打ち合いになって楽天打線も奮起しましたが、
その後の2戦は沈黙。やや心配ですね。

いくら先発投手が良いピッチングをしても得点を取れなければ勝てません。

野手に関しては、ほぼベストのメンバーが戻ってきていますので、
あとは状態を上げて、何とか以前のような爆発力、得点力を戻してほしいです。

迫りくる西武ライオンズ

3位西武との3連戦でまさかの3連敗。
西武とのゲーム差が2.5まで迫ってきました。

一時は7ゲーム差くらいあって、2位は問題ないかなと思っていましたが、
直接対決で負け過ぎていますね。

ソフトバンクもなかなか負けないですから、
厳しい状況になってきたことは間違いないでしょう。

これだけ西武ライオンズのホームで負けてしまっては、
クライマックスシリーズで万が一アウェーになってしまったら
ソフトバンクとも対決できないまま終わる可能性もあります。

まだ試合数はありますので、何とか西武ライオンズを攻略してもらいたい。

もちろん現場の人たちが一番良く分かっていると思いますが、
本当に頼みます。

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA