ようやくベストメンバーが揃ってきました


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
楽天イーグルスファンのTatsu Eaglesです。

野手陣の復帰

一時的は故障者が相次いで窮地に立たされていた楽天イーグルスですが、ここに来てようやく主力メンバーが戻って来ましたね。
茂木栄五郎選手は復帰後、しばらくは指名打者での出場でしたが、最近はしっかりとショートの守備に戻っています。
それによってペゲーロ選手が指名打者で起用できるようになり、昨夜は待望の復帰後初本塁打も飛び出しました。

夏場に好調だったアマダー選手はファーストの守備を意外とそつなくこなしており、ファーストだった銀次選手がセカンドへ。
守備職人の藤田選手に比べれば不安な部分もあるのは正直なところですが、今のところ大きなエラーなどもないので守備力高いですね!
バッティングの方も引き続き好調で、まだまだ目が離せない大事な選手です。

シーズン当初は不調に苦しんでいたウィーラー選手ですが、今ではすっかり本塁打王争いの上位。
なんだかんだシーズン通して出場し続けているのは頼もしい限りです。

外野陣も島内選手の状態が戻って来ており、いよいよ全体的に復活と言えるでしょう。

あとは岡島豪郎選手、今江選手あたりの復帰が待たれるところですね。

投手陣の安定感

投手陣は目立った故障者といえば松井裕樹投手くらいでしたが、ようやく昨夜に復帰登板をしてくれました。
これから、ますます痺れる場面が増えると思うので、あとはシーズン終盤までフル稼働で頑張って欲しいです!

先発陣は則本、岸、美馬、安樂、辛島投手がローテーションを守っており、そこに塩見、釜田、藤平投手辺りが絡んでくる感じですね。
特に若手の安樂、藤平投手には期待していますし、則本、岸、美馬投手は3本柱で頼もしい限りです。

もちろん打たれる時や勝ち星がつかない時もありますが、毎試合しっかりと試合を作ってくれている印象です。

中継ぎ陣は高梨、福山、ハーマン、松井裕樹投手が安定していますね。
もちろん、こちらも打たれる時はありますが、シーズン通した成績で見れば優秀でしょう。
あとはビハインドの場面でも久保投手の存在が大きいですね。
菅原、森原投手も活躍が待たれる貴重な存在です。

今シーズンの楽天イーグルスは層が厚い

いよいよシーズンも終盤。
ここ最近は少しソフトバンクにゲーム差をつけられていますが、まだまだ取り返せる範囲内でしょう。
とにかく、今年の楽天イーグルスは層が厚いと思います。
野手陣も投手陣も、一人や二人くらい主力選手が抜けても十分に補えるだけの戦力があります。
もちろんこれ以上抜けては困りますが、不調の時に替わりで出場できる頼もしい限りです選手がいるのは強みでしょう。

優勝争いに向けて、頑張れ楽天イーグルス!!

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA