シーズン最終戦を勝利!(対ロッテ25回戦)

2017年10月10日(水)【第25回戦】
〇東北楽天ゴールデンイーグルス 5 – 0 千葉ロッテマリーンズ●

【勝利投手】
楽天:森 (1勝1敗0S)
【敗戦投手】
ロッテ:成田 (0勝2敗0S)
【セーブ】
【本塁打】
楽天:
ロッテ:

消化試合とはいえ勝って終われた

シーズン最終戦であり、当然ながらホームであるKoboパーク宮城でのレギュラーシーズン最終戦。

まず何よりも勝って終われたことが良かったです。

現地で観戦された皆様はお疲れ様でした!

今シーズンは当初の期待とは少し違いましたが、それでもクライマックスシリーズが残っている楽しみはあります。

開幕前の予想からしてみれば試合が残っているだけ、まずは御の字でしょう。

岸投手は良い調整になった

前の記事でも書きましたが、楽天イーグルスは今シーズン残り試合が多く、当初は選手の消耗が懸念されていました。

一方で、不幸中の幸いともいうべきか、ある程度の試合数を残して3位が確定したので残り試合を実戦での調整にあてられたのは好材料と言えるでしょう。

則本投手も最終戦は勝ち星がつき、6回までのマウンドと無理はしていません。
この日の岸投手は2回までで降板しましたが、良い感触のままクライマックスシリーズに進めるのならよい調整になったと思います。

逆に西武ライオンズは休養でリフレッシュできた反面、実戦感覚の面では楽天イーグルスに分があるのは間違いないでしょう。

残すはクライマックスシリーズ

今シーズン、前半戦はものすごい勢いで貯金を貯めて優勝まで見えたかと思いましたが、長いシーズン、そう甘くはないですね。
選手層が厚くなったとはいえ、調子を落とした時のプレーや状態は目に余るものがありました。

その辺りがソフトバンクとの違いですね。
西武ライオンズはもともと攻撃力が高いチームで、それが特に今シーズンは若手の台頭もあってうまくかみ合った印象。
そして楽天イーグルスが自滅したこともあっての2位です。
着実に中堅を維持し、最後の勢いで2位浮上を掴んだ印象ですね。

とにかく西武ライオンズとの実力差は短期決戦においては全く無いと思っていいでしょう。

菊池雄星投手は楽天イーグルスからシーズン無敗の8連勝を飾りましたが、それがかえって怖いかもしれません。

短期決戦は何が起こるか分からない別世界ですから、まずは確実に2連勝してソフトバンクとの試合に繋げて欲しいです。

とにもかくにも、まずはレギュラーシーズンお疲れ様でした!!

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA