先発崩壊による残念過ぎる試合(対千葉ロッテ2回戦)

2018年3月31日(土)【第2回戦】
●東北楽天ゴールデンイーグルス 2 – 6 千葉ロッテマリーンズ〇

【勝利投手】
ロッテ:ボルシンガー (1勝0敗0S)
【敗戦投手】
楽天:美馬 (0勝1敗0S)
【セーブ】
【本塁打】
楽天:島内1号(8回表ソロ)
ロッテ:井上1号(1回裏ソロ)、中村1号(3回裏ソロ)、井上2号(3回裏ソロ)

先発が試合を壊す最低なゲーム

楽天の先発は昨シーズン、自身初の2桁勝利を達成した美馬投手。
今シーズンは先発3本柱の一角として期待されていました。

しかし、立ち上がりから制球を乱し、いきなりの3失点。
更に3回には失投で井上選手に2打席連続本塁打や
その前の中村選手にも本塁打を許す始末。
終わってみれば3回でワンアウトも取れずに降板。

安楽投手や藤平投手のような若手ならまだしも、
このクラスの投手が試合を壊してはいけませんね。

そこが他球団を含めた他の投手のエース級には無いことだと思います。

乱れても、せめて3失点まで。
序盤であれだけ失点したら野手陣の士気も下がります。

結局、美馬投手もまだエース級までは行ってないでしょう。

若手と競わせましょう。

新外国人投手に苦しんだ

ロッテの先発ボルシンガー投手は今シーズン加入した新外国人投手。

先頭の茂木栄五郎選手が今日も二塁打を放つ幸先の良いスタートでしたが、
そのあとが今一つ繋がらず。

終盤でやっと掴み始めたかなと思いますが、
流石に6失点が重くのしかかりました。

1、2番で1得点

茂木、ペゲーロの1、2番で今日も得点できたのは収穫ですね。

あとは島内選手の本塁打、アマダー選手の出塁など
随所に良いところは見られました。

とはいえ、繰り返しになりますが、
6点差からの巻き返しは厳しかったですね。

先発投手が試合を壊すと、厳しい結果になります。

ビハインドでの中継ぎ陣はまずまず

先発投手が早々に崩れると中継ぎ陣も稼働が早まって苦しくなります。

とはいえ、今日は菅原投手が1点を失ったものの、
結果的には4回以降は無失点リレーで抑えました。

菅原投手は相変わらず制球に苦しんでいますが、
結果として3イニング投げたのは収穫でしょう。

続いた濱矢投手、釜田投手も危ないところはあったものの
しっかりと抑えたので、今後はもっと際どい試合でも活躍してくれれば、
勝ち試合で投げる中継ぎ陣の負担も減って厚みが増すでしょう。

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA