粘り強い野球で開幕戦勝利!(対千葉ロッテ1回戦)

2018年3月30日(金)【第1回戦】
〇東北楽天ゴールデンイーグルス 3 – 2 千葉ロッテマリーンズ●

【勝利投手】
楽天:福山 (1勝0敗0S)
【敗戦投手】
ロッテ:益田 (0勝1敗0S)
【セーブ】高梨 (0勝0敗1S)
【本塁打】
楽天:
ロッテ:

ついに開幕戦を迎えたプロ野球。
長い長い2018年のシーズンがスタートしました。
このブログは昨年のシーズン途中からスタートしましたので、
シーズンを通してしっかりと更新していけるように、
頑張っていきたいと思います!

両エースの先発でロースコアに

開幕戦ということで、楽天は則本、ロッテは涌井という
両エース投手の対決となりました。

両投手ともに立ち上がりはピンチを招きましたが、
簡単には先制点を与えないピッチングには
流石だなと思いました。

結果的に涌井投手は無失点のまま交代。
則本投手も先制点こそ与えたものの、1点で踏ん張った内容。

まさに開幕戦に相応しい両エースの投げ合いは
非常に見応えがあり、ロースコアゲームを覚悟しました。

チャンスで凡退したが

楽天イーグルスの打撃陣は茂木栄五郎選手が
涌井投手の初球を捉えるヒットを放つなど、
今シーズンも恐怖の1、2番コンビに期待できそう。

4番ウィーラーも4安打の固め打ちで、
昨シーズン出遅れた心配はなさそうですね。

問題は島内、銀次、内田選手辺りでしょうか。
とはいえ、相手も涌井投手でしたので仕方ない部分は
あったかなと思っています。

出鼻を挫かれた守護神

8回に不振だった銀次選手の長打で一気に勝ち越し。
貴重な一打でひっくり返してくれました。

その裏はハーマン、そして1点リードで守護神
松井裕樹投手と盤石なリレー。

ところが、松井投手が打たれてまさかの振り出しに。
非常に悔しそうな、申し訳なさそうな表情が印象的でした。
それもそのはず、好投した則本投手の勝ち星を消してしまった
わけですから、ショックは大きかったことでしょう。

そんな松井裕樹投手に明るく声をかけた則本投手の
振る舞いはさすがだなと思いました。

粘り強い野球で勝ち切った

同点になってしまい、延長に突入。

投手陣は福山投手が気合のイニングまたぎ、
高梨投手も昨シーズン同様の安定感できっちりと
抑えてくれました。

一方の野手陣は最終回の2アウトから
四球と藤田選手の渾身の一打で勝ち越しに成功。

まさにチーム一丸となって粘り強く
勝ち切った試合内容だったと思います。

ソフトバンク・西武は危なげなく

結果的には昨シーズンのAクラス3チームがそれぞれ勝ちました。

西武は序盤から圧倒して余裕の勝利。
ソフトバンクも盤石の中継ぎ陣で勝利。

それに対して楽天イーグルスは昨シーズン最下位のロッテ相手に
ギリギリの試合で何とか勝ったという感じでした。

とはいえ、こうした粘り強い野球が出来るのは
チームが一丸となっている証拠だと思っています。

また、松井裕樹投手のようにいきなりの失敗を経験して、
それをこれからの糧にしてくれれば更に今後が楽しみになります。

全員でカバーして勝ち取った試合でしたので、
何よりも引き分けではなく、勝ったことが一番の収穫です。

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA