【試合結果レビュー】埼玉西武ライオンズ戦(第20回戦)

2017年8月30日(水)【第20回戦】
東北楽天ゴールデンイーグルス 8 – 8 埼玉西武ライオンズ

【勝利投手】
西武:
【敗戦投手】
楽天:
【セーブ】
【本塁打】
楽天:ペゲーロ24号(1回裏2ラン)
西武:浅村16号(5回表2ラン)、山川13号(6回表3ラン)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
楽天イーグルスファンのTatsu Eaglesです。

2ケタ勝利の壁が厚い美馬投手

自身初の2ケタ勝利を賭けたマウンド。
またも勝ち星は付きませんでした。

美馬投手は、どうもシーズンを通してきっちり投げ切るだけのスタミナがないような気がします。
前半は8回、9回までバリバリ投げて元気一杯な印象でしたが、最近では5~6回になると打たれだし、勝ちが遠ざかっているように感じます。
昨夜の試合も5回に突然捕まったあたり、相手打者も球筋が見えた来たとかはあるかもしれませんが、それ以上にスタミナ切れで球威やコントロールを失った印象があります。

2ケタ勝利をするということはシーズンを通して一定のパフォーマンスをしなければいけません。
美馬投手を見ていると、毎年のように10勝以上している先発投手がいかに凄いことなのか、改めて感じます。

とにかく美馬投手には、せめて6回まではきっちりと投げ切って欲しい。

また、昨夜は珍しく中継ぎ陣も打たれました。
とはいえ、相手は好調西武打線。
仕方ない部分はあると思います。

全体的にはしっかり抑えているので、あとは大事な時に打たれないことですね。

打線が奮起!ようやく戻ってきた

まず良かった点は初回に3点取って先制できたこと。

それを逆転されたのは先発投手の責任なだけに、打撃陣に関して昨夜は合格点と言えるでしょう。
6回の時点で4-8となって敗戦ムードでしたが、雨での中断や、幸運?の鳥が襲来したこともあって西武側の集中力がそがれたことでしょう。
復帰した岡島豪郎選手がやってくれましたし、それまでに繋いでランナーをためた各打者も素晴らしかった。

久しぶりに元気な打撃陣を見ることが出来て、前半戦の良かったころが少しだけ戻ってきたように感じます。

雨で終了してしまったのは仕方ないですが、下手に9回打たれたり、あれ以上試合が長引いても次に響く気がしたので、それはそれで、という感じですね。

大事なのはこれから。

昨夜だけで終わってしまっては意味がないので、これからも打線の調子を上げていって欲しいです。
不調な選手はなるべく起用せず、調子の良い選手からどんどん行って欲しいです。

雨で中断、さらに中断の珍事

今週は雨予報が多く仙台地方も結構な雨が降っていましたね。
観戦された方はお疲れ様でした。

昨夜も一時雨によって中断してしまいましたが、その後にコボパーク宮城に鳥が襲来し、一時騒然となる珍事がありましたね。
スタッフが追いかけても逃げないし、花火を打ち上げても逃げない、しまいには照明を一時落とすなどかなり異例の処置がありました。
最終的にはいなくなってくれて良かったですし、西武側の守備だったので、特にシュリッター投手の集中力がそがれたのは間違いないでしょう。。

自然現象?なのでどうすることもできないですが、敵ながら気の毒に思いました。。
しかもその回で一気に同点まで追い付けたのは楽天イーグルスにとって確実にラッキー、良いほうに転んだと言えるでしょう。

流石にこんな珍事はまずないと思いますが、今の楽天イーグルスにとっては自然も味方につけるくらいの転機がないと。

そういった意味で、負け試合だったのが引き分けで済んだことは大きな収穫。
ここから勝ち星を積み重ねれば、まだまだ可能性はあります。

もう一度、連勝街道を突き進め!!

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA