【試合結果レビュー】千葉ロッテマリーンズ戦(第13回戦)

2017年8月4日(金)【第13回戦】
◯東北楽天ゴールデンイーグルス 3 – 2 千葉ロッテマリーンズ●

【勝利投手】
楽天:ハーマン (3勝0敗1S)
【敗戦投手】
ロッテ:内 (4勝1敗8S)
【セーブ】
【本塁打】
楽天:茂木13号(3回裏ソロ)
ロッテ:鈴木10号(1回表2ラン)

ブログをご覧いただきありがとうございます。
楽天イーグルスファンのTatsu Eaglesです。

このブログを開設して西武に3連敗を喫しましたが、
見事にホームのKoboパーク宮城で勝利をあげてくれました!

とはいえ、試合展開は完全にロッテ有利。
ロッテの先発、新人の酒居投手の前に茂木栄五郎選手の
本塁打のみと苦しんでいました。

迎えた最終回はロッテのクローザーである内投手。
先日、登板を緊急回避したということは知っていましたが、
本調子ではないのかもしれませんね。

満塁まで追い込み、聖沢選手の犠牲フライで同点。

そして阿部俊人選手!
普段はなかなか出番の少ない選手ですが、
チームのムードメーカーであり、
ここぞという時に力を発揮してくれましたね。

最終回までリードされていて嫌な流れだったと思いますが、
この1勝はかなり大きいのではないでしょうか。

茂木栄五郎選手も本塁打を放ちましたし、
これをきっかけにまた浮上してくれることを期待したいですね。

それにしても、西武ライオンズはソフトバンク相手にも快勝。
完全に勢いに乗っていて、楽天イーグルスとは4ゲーム差ですか。

2強ムードだと思っていましたが、分からなくなって来ましたね。

楽天イーグルスは主力を欠いている状況。
とにかく昨日のような試合をして勝ち星を積み重ねて
ソフトバンク、西武ライオンズとの直接対決で決めて欲しいです!

とにかく、連敗脱出してよかった!

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA