【試合結果レビュー】西武ライオンズ戦(第15回戦)

2017年8月3日(木)【第15回戦】
●東北楽天ゴールデンイーグルス 1 – 8 埼玉西武ライオンズ○

【勝利投手】
西武:菊池 (11勝4敗0S)
【敗戦投手】
楽天:安樂 (1勝3敗0S)
【セーブ】
【本塁打】
楽天:細川1号(6回表ソロ)
西武:秋山19号(1回裏ソロ)

ブログをご覧いただきありがとうございます。
楽天イーグルスファンのTatsu Eaglesです。

楽天の先発は将来が期待される剛腕の安樂投手。
連敗ストップもかかっていましたが、
初回からいきなり秋山選手に本塁打を献上。

終わってみれば楽天イーグルスは3安打に抑え込まれ、
得点は細川捕手の本塁打のみ。。。

西武も強いし、楽天も弱い。
楽天イーグルスにとって投手陣は崩れ、
打線も繋がらないという状況で、
今シーズンここまでトントン拍子で
行っていただけに苦しい時期ですね。

とはいえ、原因は明確ではないでしょうか。
今年の楽天イーグルスを象徴する1、2番の
茂木栄五郎選手とペゲーロ選手が共に万全ではなく、ペゲーロ選手は離脱中。
とにかく主力選手がいない状況で、
正直なところ現在のメンバーでは1.5軍くらいの戦力ではないでしょうか。。

それでも松井稼頭央選手や細川捕手、嶋捕手といったベテラン勢もいますし、
ウィーラー、アマダ―の両外国人選手と途中加入したクルーズ選手も含めて
層は厚いと思います。

そうは言っても、万全の状態である西武やソフトバンクとの
直接対決では、今の状況ではまともに戦えないのが正直なところでしょうか。

投手陣がもう少し踏ん張って欲しいところですが、
西武が好調なのは事実。

どうせなら、このまま次のソフトバンクにも3連勝して欲しいですね!

ここまで楽天をコテンパンにやっつけたんですから!!

そして、まずは明日からのホーム、ロッテ戦で連敗脱出ですね。

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA