掴んだ!ファイナルへの切符。全員で勝ち取った(対西武CS3回戦)

2017年10月16日(月)【クライマックスシリーズ(ファーストステージ)最終戦】
〇東北楽天ゴールデンイーグルス 5 – 2 埼玉西武ライオンズ●

【勝利投手】
楽天:宋家豪(1勝0敗0S)
【敗戦投手】
西武:野上 (0勝1敗0S)
【セーブ】
【本塁打】
楽天:ウィーラー1号(8回表ソロ)、枡田1号(8回表2ラン)
西武:浅村2号(9回裏ソロ)

まずは楽天イーグルスのクライマックスシリーズファイナルステージ進出おめでとうございます!!
久しぶりに感動しました。
緊迫した試合展開でしたが、最後はよく勝ち切ってくれました。

よくぞ守り切った投手陣

まず何と言っても投手陣。
初戦でエース則本投手が打ち込まれた西武ライオンズ打線を昨日は岸投手が見事に封じてくれました。
その勢いがあったかは分かりませんが、やはり初回の立ち上がりが重要だと思っていました。
いきなり秋山選手にスリーベースを打たれて一筋縄ではいかないと思いましたが、後続を抑えた美馬投手。

その後はリズムに乗って良い時の美馬投手のピッチングをしてくれました。
5回途中、1失点でマウンドを降りましたが、致命的なミスはなく、素晴らしい内容だったと思います。

2番手の高梨投手も素晴らしい働き。
毎度毎度、ルーキーとは思えない堂々としたマウンドさばきと雰囲気、そして左打者に絶対的な自信があるような投球には痺れまくりです。
秋山選手をきっちりと三振に切って取りました。

続く宋家豪投手はまだまだ粗削りですが、この舞台においてはそんなことは関係なし。
抑えてくれれば御の字です。
来シーズンどこまで活躍できるかは分かりませんが、少なくともデータが少ないこのシリーズは意外とキーマンになるかもしれませんね。

そして今シーズン、盤石ともいえるハーマン、福山、松井裕樹投手という勝利の方程式。
中でも福山投手の活躍が際立っていますね。
松井裕樹投手はまだまだ不安が残る状態ですが、思えば今シーズンはWBCから投げている長いシーズン。
ここからもう一度状態を上げていって欲しいところです。

キーマンと思っていた選手が大活躍

この試合、野手のキーマンはウィーラー選手だと思っていました。
その最初の打席をチャンスで回ってくると、執念ともいえる内野安打で先制点を取ったのが大きかったでしょう。
2打席目はセンターへのクリーンヒット、そして3打席目は相手のエラーで出塁すると、まさかの相手のミスでホームへ生還。
トドメは両チーム点が入らない緊迫した中での終盤、お見事な一撃で一気に勝利へ傾いたことは間違いないでしょう!!

指名打者に入っていた枡田慎太郎選手も素晴らしい活躍でシーズン中の悔しい思いを晴らしてくれました。
アマダーやペゲーロ選手がイマイチな中、指名打者という限られたポジションで活躍してくれた枡田選手はベテランらしい勝負強さだったと思います。

総合力で勝ち取った試合

投手陣で言えば先発がある程度試合を作り、中継ぎ陣が崩れずに踏ん張ったのが素晴らしかったです。

そして野手陣も打順に関係なく、上位でも下位でも点が取れるだけのメンバーが揃っています。

双方がかみ合えばこういった試合を勝ち取ることができるのを改めて示してくれました。

毎試合のようにこのようなパフォーマンスは難しいかもですが、少なくとも戦力的にはソフトバンクにも劣っていません。

3位からの下克上とはいえ、一時期はパリーグ王者まで手が届きそうだった今シーズンの楽天イーグルス。

ファイナルステージも面白い試合を期待しています!!

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA