【試合結果レビュー】オリックス・バファローズ戦(第20回戦)

2017年9月8日(木)【第20回戦】
●東北楽天ゴールデンイーグルス 2 – 4 オリックス・バファローズ〇

【勝利投手】
オリックス:金田 (3勝0敗0S)
【敗戦投手】
楽天:岸 (8勝8敗0S)
【セーブ】平野 (2勝6敗25S)
【本塁打】
楽天:
オリックス:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
楽天イーグルスファンのTatsu Eaglesです。

エースの意地で125球も好調オリックス打線に敗れる

9勝目をかけてマウンドにあがったのはエースの岸投手。

ここ最近は毎試合のように100球を超える球数で7〜8回まで投げ抜く試合が増えています。
この日も125球、7回まで投げて14奪三振、四死球わずか1と素晴らしい結果を残した反面、10被安打で3失点。
好調なオリックス打線にヒットを量産されてしまい、負け投手となってしまいました。

しかし、私としては悲観する必要はないと思っています。
まず何より、これだけ打たれてもしっかりと7回まで投げていますし、3失点だったらそこまで悪い結果ではないと思います。
前回のソフトバンク戦は最後まで投げ抜き2失点に抑えるも味方の援護がなく敗戦。

数字だけ見れば8敗していますが、内容的には決して悪いものではなく、むしろしっかりと仕事をしていると感じます。
もちろん無失点に抑えられれば理想ですが、そう簡単ではないでしょう。

そういった意味で、またも打撃陣が援護できなかった最近の悪いパターンが出てしまった試合だと思います。

岸投手には何とか2ケタ勝利は達成してもらいたい。

打てなきゃ負ける

前日の試合は「打てば勝てる」と書きましたが、まさに逆となりました。

最低でも3点は取らないと、そのくらいの勢いがないと厳しいです。
オリックスはここ最近、T-岡田、ロメロ、吉田選手など好調な打者が増えています。
13安打放ちながら4点は少ないと思いますが、だからこそ投手がしっかりと踏ん張っている証拠でしょう。

それを助けてあげられないのは情けないと思います。

毎試合のように大量得点は難しいですが、あと1点、2点に対する執着心を持って打撃して欲しいですね。

個人的には打順をコロコロ変えるのはどうなのかなーと思いますが、それはここで意見することじゃないので控えておきます。

とにかく、結果・数字で示して欲しい。

1ゲーム差が縮まらない

試合に敗れたので当然ゲーム差は縮まりません。

この日は西武ライオンズも敗れたので助かりましたが、徐々に開いていくようでは危険でしょう。

とはいえ、最近の楽天イーグルスはホームでも全然勝てないので、もはやアフェーでもいいのでは、と思ってしまいます。

もちろんそれじゃんダメですから、せめて2位は取り返してシーズンを終えて欲しいですけどね。

まずはこの週末で連勝して勝ち越しはしてもらわないと。

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA