セ・リーグ王者相手に1勝1敗・振替試合は6月24日(月)に

今カードは本拠地、楽天生命パーク宮城でセ・リーグ王者の広島カープを迎えた。
カード初戦は初回から打線が大爆発して大勝。続く2戦目は今季初となる雨天中止となった。3戦目は僅差で競り負け1勝1敗。
振替試合は6月24日(月)に決定し、勝ち越しを賭けた1戦が待たれる形となった。

今カードの戦評(対広島カープ1~2回戦)

今カード初戦は初回に茂木の先頭打者本塁打で先制すると、好調ブラッシュ、復調気配のウィーラーにも本塁打が飛び出し一挙5点を先制。その後、2回表に會澤の2ランで追い上げされるも、すぐさま太田光のプロ初本塁打で突き放す。更に浅村が2打席連続となる本塁打を放てば、トドメの一撃にルーキー辰己も本塁打を放ち、球団新記録となる1試合7本塁打をマークした。投げては先発辛島が7回2失点と好投し、11-2で快勝した。

続く2戦目は雨天中止となり、翌日は岸がスライド登板。ジョンソンとの投げ合いとなったが前半まで2-1と僅かにリード。しかし6回、7回と1点ずつ加えられると、8回裏は無死一三塁の決定機を迎えるも無得点に終わった。試合もそのまま進み2-4で敗れた。

先発陣の総評

辛島は5勝目となる7回2失点と好投した。前回登板ではわずか3回で降板する内容だっただけに今回の登板はカープ打線相手に素晴らしいものだった。味方の援護があったとはいえ、きっちりと7回まで投げ切った働きは高く評価できる。

一方、岸も敗れはしたものの7回まで投げて3失点。8奪三振を奪う力投を見せたが、味方の援護がなく今季初黒星となった。
この日は試合前から雨が降ったりやんだりの不安定なグラウンドコンディションだった。相手チームも全く同じ条件だっただけに言い訳は出来ないが、それでも踏ん張った。残念だったのは持ち前の制球力で抜群のコースに投げた球が何度かストライクを取ってもらえなかった点。どうも右打者のインコースが辛い傾向にあり、結果的に外角を狙われた失点もあった。
相手先発のジョンソン投手も際どい判定がいくつかあり、見ているファンとしては腑に落ちないシーンが目立った。
こればかりは仕方ないことだが、それでも3失点と粘った岸に黒星が付いたのは悔やまれる。

野手陣の総評

今カード初戦は稀に見る猛攻で広島カープ相手に大勝した。
中でも茂木の活躍が大きく、昨シーズン不振に終わった借りを返しているような活躍だ。新加入の浅村、ブラッシュも引き続き打点を稼いでおり、昨シーズンの課題だった得点力不足は解消された。

このところ不調だったウィーラーも徐々に復調気配があり、交流戦後半も打線の奮起が期待される。

一方で2戦目は自慢の打線が決定機を逃した。相手先発はジョンソンだったが、不安定なグラウンドコンディションもあって制球を乱していた。それだけに、初回、2回と1点ずつ取れたものの内容的にはもう1、2点は欲しかった。
8回裏のチャンスでも銀次の中途半端なバントと島内が足を滑らせた影響で無得点。銀次はバントがもともとそこまで上手い方ではないだけに、投手が取れそうな際どいフライで島内のスタートが遅れたのは致し方ない。ボールが落ちた瞬間にスタートを切った島内は足を滑らせたが、この辺りもグラウンドコンディションを考えれば責めることは出来ない。それよりも、後続の今江が凡退するなど、もっと他にも点を取れるチャンスがあっただけに、そこで取れなかったことが最後まで引きずってしまった印象を受けた。

チームの総評

セ・リーグ王者の広島カープ相手に初戦は大勝した。
しかし、続く2戦目も勝てそうなゲームだったが落としたのは痛い。
振替試合は横浜スタジアムでのベイスターズとの3連戦を終えた翌日の6月24日(月)となった。
移動もあるだけにどうなるか分からないが、その前のタイガース、ベイスターズとのカードを何としても勝ち越しして交流戦での貯金を維持していきたい。

The following two tabs change content below.

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA