今日はダメかと思っていたが。辛島投手で連勝!(対ソフトバンクCSファイナル2回戦)

2017年10月19日(木)【クライマックスシリーズ(ファイナルステージ)第2回戦】
〇東北楽天ゴールデンイーグルス 2 – 1 福岡ソフトバンクホークス●

【勝利投手】
楽天:宋家豪 (1勝0敗0S)
【敗戦投手】
ソフトバンク:千賀 (0勝1敗0S)
【セーブ】松井裕 (0勝0敗2S)
【本塁打】
楽天:
ソフトバンク:内川2号(4回裏ソロ)

辛島投手で勝てたのは価値ある結果

正直なところ、今日はダメかなと思っていました。
辛島投手は今シーズン8勝をマークしていますが、不安定な内容もあったのでかなり不安でした。

しかし、蓋を開けてみれば6回途中1失点でソフトバンク打線を封じ、中継ぎ陣がピシャリで僅差をものにしました。
辛島投手も決してスピードが速い投手ではありませんし、悪い時はコントロールも乱れて見るに耐えない試合もありました。
この日はコントロールよく低めに集めていたようですね。
普段からこのくらいのパフォーマンスができれば2桁勝利、ローテーションの中心となるのは間違いないでしょう。
とはいえ、この短期決戦においてはとにかく結果が全てですから、十分ではないでしょうか。

中継ぎ陣、特に高梨投手がファーストステージから安定感が半端じゃないですね。
本当にルーキーとは思えない堂々としたピッチングで驚きの連続です。

普段はなかなか打たない選手が打つからムードが上がる

投手陣は良い内容でしたが、相手先発は千賀投手。
こちらもなかなか点が取れる投手ではありませんでした。

とはいえ、エラーが絡んでの先制点に加えて普段はなかなかバッティングでの活躍が少ない嶋捕手に決定打が出たのは大きいですね。
チームのキャプテンでもありますし、キャッチャーというポジション柄、精神的支柱であることは間違いありません。
その嶋捕手がここぞというワンチャンスで決めてくれたのはチームにとって大きな一打だったでしょう。

3位からの下克上も夢ではない?

これで2連勝。
相手のアドバンテージがあるとはいえ、1つ勝ち越しました。
この後は表のローテーションに戻って則本、岸、美馬投手が控えています。

特に則本投手にはあまりプレッシャーを感じすぎず、普段通りに投げて欲しいところです。
このローテーションならば否が応でも期待は高まりますが、そうはいっても相手はソフトバンク。
この時期まで楽天イーグルスの試合があるとこ自体に感謝して結果を待っています。

楽天イーグルスファンブログ更新中!

イーグルスの試合戦評を中心に更新しています。
独自目線で発信できるように気付いたこと、感じたことを書いています。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA