札幌3連戦は負け越しで課題も見えたカードとなった

日本ハムファイターズの本拠地札幌ドームでの3連戦となった今カードを振り返って分析をします。

今カードの戦評(対日ハム4~6回戦)

今カード初戦は辛島、杉浦の両先発投手が投げ合う接戦となった。
辛島は6回1失点と好投したが、7回途中に左足の張りと思われる症状を訴えて緊急降板となった。ひやりとしたが、あとを受けた森原がきっちり抑えた。1-1の同点で迎えた9回表、浅村、島内が出塁して1、2塁のチャンスを作るとウィーラーが値千金の勝ち越し3ラン本塁打を放った。最後は松井裕樹がきっちりと締めて4-1で勝利。この日は平石監督の誕生日でもあり、貴重な勝利をプレゼントした。

続く2戦目は先発の福井が崩れた。
楽天は島内の先制2ランで幸先よく試合を進めたが、その裏に4失点し福井は2回5失点で降板。その後の石橋、福山もピリッとせず、一時5点差を付けられるも8回までに3点差に迫った。しかし8回裏に4番手の小野が再び崩れ、終わってみれば19被安打15失点で大敗した。

勝ち越しを掛けた3戦目は当初先発が予想されていた岸が前日までに登板回避が発表され、古川が先発。
6回1失点と試合を作って終盤戦を迎えたが、これまで安定感のあった宋家豪とハーマンが痛恨の被弾。7回、8回は点の取り合いとなって同点のまま延長を迎えたが、12回裏に決勝適時打を献上して引き分けには持ち込めず、負け越しとなった。

先発陣の総評

辛島は途中降板したものの、今シーズンここまでは安定感のあるピッチングを続けている。
幸い、大事には至らなかったようで、先発ローテーションの一角として期待できる存在となっている。

福井が崩れた試合は残念だったが、札幌ドーム特有の堅いマウンドが合っていなかったという声もある。とはいえ、やはり先発投手が崩れると厳しい展開になることが改めて分かった。

今シーズン初先発となった古川はファームでも良い投球を見せていたが、一軍に上がって即結果を出した。勝ち星こそ付かなかったが、次回に向けて良い内容だったことは間違いない。

何度も書いているように則本、岸が不在の状況で、その代役という立場の投手が良い内容だということが現在の快進撃を支えている。

中継ぎ陣の総評

2戦目は先発も含めて投手崩壊して大敗となったが、勝ち試合で投げる中継ぎ陣を温存できたのは収穫だった。
やや心配なのは福山で、ここまで7回登板、8.2イニング投げて防御率5.19、5失点と安定感に欠ける。
3戦目には宋家豪とハーマンが本塁打を打たれたが、その後はしっかりと抑えているだけに今回はまだ目をつぶれる範囲か。

とはいえ、5月に入ると連戦が続く日程となっており、登板数が多くなっている主力の中継ぎ陣が踏ん張れるか懸念される。

野手陣の総評

今カードは相手チームと同等程度の安打を放っており、打線は悪くない。
2戦目は投手崩壊で大敗したが、楽天も二桁10安打は放っている。
現状としては田中和基とオコエの打順が入れ替わりで試しながらになりそうだが、状態が上がって出塁が増えればチャンスは増えそう。

チームの総評

負け越しにはなったが3戦目には一時逆転スリーランを浴びるも、その後に再び逆転する意地を見せた。
初戦も最終回に突き放すなど、勝つことに対する執念や強い思いは感じる。
ひとまずここまでは首位をキープしているが、まずは順位に関係なく貯金を増やして後半戦まで粘り強く戦って欲しい。

唯一の懸念点は中継ぎ陣の負担。5月は連戦が続くため、主力の中継ぎ投手が打たれ始めると歯止めが効かなくなる可能性はある。
今のところは問題ないが、ひとたび崩れると連敗し始めてしまう脆さもあるチーム状況かもしれない。

連敗を避け、勝ち越していきたい。

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA