プロ野球、来季からのチャレンジ制度の導入について

本日、審判の判定について異議がある場合に、監督がビデオ映像による検証を要求できるリプレー検証制度を来シーズンから導入することを決めたそうです。

 Yahoo!ニュース 
プロ野球、日本版「チャレンジ制度」導入へ 来季から(朝日新聞デジタル) - Yaho...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000066-asahi-spo
日本野球機構(NPB)は13日、12球団による実行委員会を開き、審判の判定につい - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

※外部サイトにつき、リンク切れはご容赦ください。

リプレー検証についてはこれまでの賛否がありました。
個人的には反対の方が強いリプレー検証。
確かに、明らかな誤審を防ぐためには必要な時もあると思いますが、
紙一重の判定になったら、そのプレーを一番目の前で見ている審判の判断に委ねるべきだと思っています。

直近では日本シリーズ第2戦のクロスプレーがまさにそうでした。
正直、あれはよく見たってほとんど違いは分かりません。
競馬のように数センチ単位でも順位を付けなければ、払い戻しに大きな影響がある競技とは性質が違うと思っています。
つまり、そんな数センチ単位、数ミリ単位まで付く詰めなくてもいいのでは、と。
そこまでやるなら審判なんて必要なくて、全てセンサーとかロボットでやればいいじゃないかと思ってしまいます。

それは極論としても、今回のチャレンジ制度の導入によって、また微妙な判定があるたびに実行されることになります。
それだけ試合時間が伸びますし、判定が覆れば覆るほど、審判の質が問われます。
審判にとっても気が抜けないという意味で良い効果なのかもしれませんが、何とも良く分からない時代に突入しているものですね。

繰り返しになりますが、個人的には明らかな誤審を防ぐ目的以外での使用は基本的に反対です。

来シーズンもいろいろありそうな予感ですね。

楽天イーグルスファンブログ、シーズンオフはぼちぼち更新中!

試合があった当日もしくは翌日に試合結果レビューを書いている当ブログ。
オフシーズンは入団、退団、移籍情報をはじめ、キャンプ情報など幅広く書いていきます。
ブログランキング参加中です!励みになりますので、よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA