いよいよ明日、2018シーズン開幕!

いよいよ明日から2018年のシーズンが開幕しますね!

そこで今日は今シーズンのパリーグの順位を予想してみたいと思います。

もちろん、私は楽天イーグルスのファンですが、
他の球団も俯瞰的に見て現実的な予想を立ててみたいと思います。

シーズンが終わるころに見返して、
的中したらSNSで自慢します(笑)

2018年プロ野球・パリーグの順位予想

1位:東北楽天ゴールデンイーグルス
2位:福岡ソフトバンクホークス
3位:埼玉西武ライオンズ
4位:オリックスバファローズ
5位:北海道日本ハムファイターズ
6位:千葉ロッテマリーンズ

1位:東北楽天ゴールデンイーグルス

今シーズンは強気に1位予想します!!

ファンであることはもちろんですが、
それなりに根拠もあります。

まず投手・野手共に選手層が厚いことです。
投手で言えば則本投手、岸投手の二枚看板が強力。
そして美馬投手も着実に力を付けています。

更に若手の藤平投手、安楽投手、ルーキーの近藤投手をはじめ
辛島投手、塩見投手など先発陣の層が厚くなってきました。

中継ぎも勝ちゲームはハーマン、福山、高梨、そして松井裕樹投手の
安定感があることと、接戦では釜田、ソン・チャーホウ、菅原投手らの
中継ぎ陣も試合を壊すことなく守ってくれるので、
投手陣はかなりの厚みだと感じます。

野手陣も外国人選手をはじめ、全体的に攻撃力、
機動力がバランスよく、穴がないように思います。

シーズンを戦い抜く中で、層の厚さが非常に重要だと思っています。

どんなにスター選手を並べても、シーズンを通してアクシデント無く
フル出場できる選手は多くありません。

たとえケガをしなくても、不調はあります。
そういったときに控え選手がきっちりと役割を果たせれば、
チームとして勝ちが増え、結果として優勝に近づけると思います。

もちろん、ソフトバンクの層は厚く、どのメディアや
野球解説者も無難にソフトバンクの優勝を掲げています。

しかし、決して盤石とはいえず、
特に昨シーズンはほとんど楽天イーグルスの
自滅によって優勝したようなものだと思っています。

今シーズン、大きく連敗して崩れることがなければ、
常にカード勝ち越しを積み重ね、リーグ優勝は
十分にできるだけの戦力が揃っていると感じます。

2位:福岡ソフトバンクホークス

チームとしての層の厚さはもちろんですが、
優勝経験が豊富なチームは勝ち方を知っているので、
とにかくチームとしての経験値がものを言うのは間違いないでしょう。

ただし、前述の通り楽天イーグルスにも勢いと戦力が揃っている点から、
決して盤石とは言い切れないと思います。

特にシーズン終盤でどれだけ楽天や西武と勝ち負けしているかが
最終的な順位を左右すると思います。

今シーズンも最後まで分からない展開になると予想しています。

3位:埼玉西武ライオンズ

野手陣の攻撃力はパリーグの中でも屈指と思っています。

特に山川選手の躍進で世代交代に成功し、
中村剛也選手が下位打順に回りそうなのは怖いところ。

あとは投手陣がどれだけ試合を作れるかかなと思います。

4位:オリックスバファローズ

まだ発展途上のチームだと思いますが、
投打ともに成長株が増えてきており、
一昔前のような外国人選手に頼りっきりの傾向が
薄くなってきたのは好材料だと思っています。

ただし、チームとして勝ち体質がまだ弱いと思っていて、
4位かなと予想しています。

5位:北海道日本ハムファイターズ

清宮幸太郎選手が入団したことで話題になっていますが、
そもそもいきなり戦力になるのは厳しいと思っていました。

今シーズンは大谷翔平選手と増井投手の退団がありましたが、
目立った新加入はなく、ジリジリと順位を落としそうな予想です。

野手陣は豪華なメンバーが揃っていますが、
好不調の波が激しいような印象があり、
シーズンとしては下位かなと予想します。

6位:千葉ロッテマリーンズ

井口新監督のもと、今までにない戦い方に期待してますが、
戦力的には他の球団と比べると厳しいかなと感じます。

野手最年長の福浦選手に頼るところや、
期待されながらも目立った成績を出していない
井上選手が4番候補になっているあたり、
今シーズンだけで見れば厳しい戦いになりそう。

あとは昨シーズン不振だった石川投手の復活と
エース涌井投手の奮闘でどこまで貯金を作れるか、でしょうかね。

まとめ

いずれにしても、最後まで分からない試合が続くと思います。

特にAクラスは接戦になる気がしていますので、
シーズン終盤の直接対決まで目が離せないシーズンになると予想しています。

とはいえ、どのチームも主力選手がケガや不振で離脱することのないよう、
シーズンを通してファンを楽しませてくれるプレーに期待しています!!

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA