【2018オフ契約更改】全選手の推定年棒・増減リスト

2018年も残りわずか。
プロ野球界は各選手が自主トレやテレビ出演、休養などそれぞれの時間を過ごしている。
今オフでの戦力外通告、FA、トレード等による選手の動きもひと段落。
終盤にはFA移籍した浅村栄斗の補償が注目されたが、西武ライオンズからは金銭による補償で合意した模様。
時を同じくして、今日の契約更改で松井裕樹が合意し、楽天イーグルス全選手の契約更改も終了した。

そこで今回は編集部が集計した2018オフの楽天イーグルス全選手の推定年棒と増減リストをもとに、各選手の動向や来シーズンへの期待をまとめていきたい。

【2018オフ】楽天イーグルス全選手推定年棒・増減リスト

更改日選手背番号増減推定年俸
11月2日橋本到49新規入団
11月9日辰己涼介7新規入団1500万円
11月10日清宮虎多朗(育成)135新規入団250万円
11月11日引地秀一郎39新規入団600万円
11月12日太田光2新規入団1200万円
11月13日則本佳樹(育成)136新規入団250万円
11月14日千葉耕太128現状維持250万円
11月14日井手亮太郎(育成)132現状維持250万円
11月14日木村敏靖(育成)131現状維持250万円
11月14日南要輔(育成)129現状維持250万円
11月15日弓削隼人23新規入団1000万円
11月15日フェルナンド(育成)007200万↓500万円
11月15日寺岡寛治(育成)056100万↓500万円
11月16日耀飛50現状維持700万円
11月16日鈴木翔天56新規入団700万円
11月16日野元浩輝(育成)069現状維持500万円
11月16日吉持 亮汰(育成)008700万↓500万円
11月17日小郷 裕哉51新規入団700万円
11月17日下妻貴寛(育成)139150万↓550万円
11月18日森原康平52100万↓1500万円
11月18日岩見雅紀1350万↓1150万円
11月18日渡辺佑樹4750万↓950万円
11月18日渡邊佑樹4750万↓950万円
11月18日渡邉佳明48新規入団750万円
11月18日堀内謙伍6550万↑650万円
11月18日西口直人6230万↑630万円
11月18日山田大樹(育成)12750万↑300万円
11月19日塩見貴洋17400万↓3400万円
11月19日戸村健次22400万↓1600万円
11月19日池田隆英30100万↑1300万円
11月19日佐藤智輝61新規入団600万円
11月19日小野郁2850万↑550万円
11月19日中村 和希(育成)134現状維持250万円
11月19日松本 京志郎(育成)133現状維持250万円
11月24日近藤弘樹12100万↓1400万円
11月24日内田靖人36700万↑1400万円
11月24日今野龍太9810万↑550万円
11月25日安楽智大20400万↓1600万円
11月26日岸孝之11現状維持3億円
11月26日山下斐紹29140万↑1200万円
11月26日菅原秀45100万↓1100万円
11月26日石原彪70現状維持500万円
11月27日今江敏晃81億5000万↓5000万円
11月27日三好匠2450万↑1050万円
11月27日石橋良太94現状維持700万円
11月27日八百板卓丸5740万↑480万円
11月28日由規(育成)123新規入団340万円
11月29日藤田一也64400万↓6600万円
11月29日藤平尚真19現状維持1800万円
11月29日オコエ瑠偉9200万↓1200万円
11月29日西巻賢二6780万↑580万円
11月30日則本昂大14現状維持2億5000万円
11月30日福山博之644000万↓8000万円
11月30日濱矢廣大4650万↓900万円
11月30日森雄大1680万↑880万円
12月3日ゼラス・ウィーラー40現状維持2億円
12月3日フランク・ハーマン423000万↑1億3000万円
12月3日アラン・ブセニッツ32新規入団7000万円
12月3日田中和基252700万↑4000万円
12月3日宋家豪431060万↑1500万円
12月3日島井寛仁050万↑700万円
12月3日村林一輝6630万↑630万円
12月4日美馬学151500万↓6500万円
12月4日茂木栄五郎51300万↓5100万円
12月4日岡島豪郎27950万↓3450万円
12月4日釜田佳直21300万↓2000万円
12月5日西宮悠介38300万↓1300万円
12月5日山崎剛3450万↑1050万円
12月6日島内宏明352300万↑7800万円
12月6日高梨雄平532500万↑5500万円
12月6日福井優也31新規入団2500万円
12月7日ジャバリ・ブラッシュ69新規入団1億2000万円
12月7日辛島航58800万↑5000万円
12月7日古川侑利60850万↑1600万円
12月7日足立祐一44300万↓1500万円
12月14日青山浩二413000万↑5000万円
12月14日久保裕也91200万↑1700万円
12月15日嶋基宏37現状維持1億円
12月15日渡辺直人26200万↑1700万円
12月17日銀次331500万↓8500万円
12月22日松井裕樹13000万↓1億1000万円

※年棒はいずれも推定
※監督・コーチ陣は除外
※橋本到選手のみ報道がないため不明

楽天イーグルス最高年棒は岸孝之

今オフでのチーム内最高年棒は現状維持の推定年棒3億円で合意した岸孝之投手。
今シーズンは11勝4敗、防御率2.72の成績を収めて最優秀防御率投手、ゴールデングラブ賞も受賞した。実力からすれば年棒アップもあったかもしれないが、チーム事情もあってか現状維持となった模様。
本人は今シーズンの内容には一定の評価をしているようで、会見では以下のようにコメントしている。

波も激しくなく安定した1年間だった。こういうシーズンを常に送りたいなと思う

本人の言葉同様、我々としても安定したピッチングを来シーズンも期待したい。
また今オフには初めて日本代表にも選出され、2年後の東京五輪へも意欲を覗かせている。
新加入した浅村を筆頭に打線の援護さえあれば、15勝、あるいはそれ以上の勝利をマークして何ら不思議の無い選手だけに、野手陣の奮闘にも期待したい。

最も増加した選手は青山・ハーマン

全選手の中で最も年棒が増加したのはいずれも3000万円増となった中継ぎの青山浩二ハーマン
青山は昨シーズンこそ17試合に登板して4HPと不振に苦しんだが、今シーズンは52試合に登板して4勝1敗30HP、防御率1.85とブルペン陣を支えた。
50試合以上登板して防御率1点台はキャリアハイであり、苦しいチーム事情の中で復活を果たし、ファンの心を掴んだ。

去年は戦力外とまでは言わないが、かなり厳しい評価だった。でも星野さんが僕をもう1年残してくれた。ご恩を返したいという思いで、成績を残さないとと思っていた。『よくやったな』と言ってもらえるんじゃないかと思える1年だった

と本人も厳しい状況から復活できたことに一定の満足感を感じている。

ハーマンは来日2年目の今シーズン、47試合に登板して2勝3敗18S14HP、防御率1.99の活躍。シーズン途中に守護神の松井裕樹が不振に陥ったことから守護神に抜擢されると、安定したピッチングを見せてチームトップのセーブを稼いだ。

今シーズンは中継ぎ陣が踏ん張れない部分もあったが、青山、ハーマンの活躍が無ければもっと悲惨な結果に終わっていたかもしれない。
来シーズンは福山の復活をはじめ、森原、菅原、池田辺りの若手が台頭してくれることに期待したい。
また松井裕樹が来シーズンも中継ぎを務めることも決まり、選手層の底上げにも期待。

最も減少した選手は今江

一方で、最も年棒が減少したのは1億5000万減となった今江年晶
野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超えるダウンとなった。
今シーズンはFA移籍した3年契約の3年目。これまでの2年間は怪我に苦しみ活躍が出来なかった一方で、今シーズンはようやく規定打席に到達。
127試合に出場して打率.276(421-116)10本塁打49打点をマークしたが、厳しい評価となった印象。

今年は、久しぶりに1年間を通して1軍で出場させていただいて、夏場以降に少しバテてしまいましたが、まだまだやれると感じた1年でした。来年は、若手選手の手本となれるようにやりながら、全員で必死になって楽天イーグルスを日本一に導けるように頑張りたいと思います

とコメントしており、若手とのレギュラー争いに意欲を燃やしている。
今シーズンはウィーラーの離脱もあり、シーズン途中に4番として勝負強いバッティングもあった。
イーグルスに来て4年目となる来シーズンこそ、打率3割、キャリアハイの80打点を目指して欲しい。

新人王を獲得した田中は2700万円増

球団史上初の野手として新人王を獲得した田中和基は2700万増の4000万円で契約更改。
今シーズンは105試合に出場し打率.265(423-112)18本塁打45打点21盗塁をマークした。
シーズン中盤まで打率.280をキープし、本塁打も飛躍的に伸びた。

タイトルに対して評価して頂き、(球団史上)野手で初めて(の新人王)ということで、それなりの評価をして頂きました

とルーキーイヤーでしか獲得できないタイトルを奪取したことを評価する一方で、

レギュラーが確約されているわけではないので、また1からレギュラーを獲るつもりで頑張りたい。来年は143試合出ること、そして、相手の研究にも負けない対応力が大事になると思う

と危機感も露わにし、来シーズンに向けてもう一度気を引き締める。
今シーズンは茂木・ペゲーロの「恐怖の1・2番」が機能せず、代わって台頭したのが田中。来シーズンからはドラフト1位の辰己も加入し、レギュラー定着へ正念場とも言える。
田中の活躍なくしてチームの飛躍もないだけに、来シーズンこそ真価が問われそうだ。

1億円プレイヤーは7選手

プロ野球選手として「一流」と言われる一つの目安が年棒1億円以上のいわゆる「1億円プレイヤー」。
2018オフは楽天イーグルスから7選手が1億円プレイヤーとなった。
チーム最高年棒の岸に続くのは現状維持の2億5000万円で更改した則本昂大
今シーズンは27試合に登板したが10勝11敗で2015年以来2度目の負け越しに終わった。防御率3.69はキャリアワースト。
かろうじて6年連続となる二桁勝利、5年連続となる最多奪三振を受賞したが、不本意なシーズンとなった。
契約更改の会見では15分間の取材で11回「優勝」という言葉を繰り返し、来シーズンに賭ける強い思いを露わにした。
また、来シーズンオフで3年契約が終わり、ポスティングでのメジャー挑戦の可能性もあるが、

正直、自分のことはどうでもいい。優勝が欲しいのでそんなことを考えている暇はない

とコメント。まずは来シーズンのチームの優勝に強いこだわりを見せた。

野手での最高年棒は現状維持の2億円で契約更改したゼラス・ウィーラー
ハーマン1億3000万円、新加入となるジャバリ・ブラッシュ1億2000万円で続き、外国人選手が3選手、名を連ねる。

最年少は松井裕樹。3000万減の1億1000万円で契約更改し、来シーズンも中継ぎでの起用になることも決まった。
今シーズンの不振もあり、来シーズンは再びリリーフとしてシーズン通して活躍したいと意気込んだ。

嶋基宏1億円で契約更改し、ここまでが楽天イーグルスの1億円プレイヤーとなった。

まとめ

2018シーズン、最下位に終わった楽天イーグルス。2018オフの年棒増減は25選手が年棒アップ、26選手が年棒ダウン、15選手が現状維持で契約更改した。(新規加入選手は除く)
浅村、橋本到、福井優也らの即戦力に加え、新外国人のブラッシュとブセニッツ、ドラフトで辰己らを獲得した楽天イーグルス。
まだまだ層が厚いとまでは言えないが、1軍で活躍できる選手層を厚くすることで、若手をじっくり2軍で育成する余裕も生まれる。

来シーズン、果たしてどこまで順位を上げられるか注目だが、年棒という意味では若手がどんどん年棒アップする活躍を見せて欲しい。

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA