絶対に1度は参加してみたい!楽天イーグルス「ファン感謝祭」2018

去る11月23日(金・祝)に楽天イーグルスの本拠地・楽天生命パークにて「ファン感謝祭2018」が開催された。
この時期は各球団が「ファン感謝祭」と銘打ってファンと選手が交流できる機会を設けている。
普段の試合や練習では真剣な表示でプレーする選手たちに近づくことはなかなか出来ないが、オフシーズンのこの時期だからこそ、選手たちの違った一面が見られる絶好の機会である。

筆者は仕事の都合で参加できなかったが、楽天イーグルスファンなら絶対に1度は参加しておきたいイベントだ。
そこで、今年は参加できなかった筆者が、Twitterから流れてくる情報を元に、あたかも参加したかのような雰囲気で「ファン感謝祭」の内容をまとめていきたい。
※繰り返しにはなるが、筆者は参加していない。
[PostAd]

スタジアム外イベント

ウェルカムハイタッチ

当日の企画は様々あるが、何と言っても選手たちが球場を飛び出して、街全体を盛り上げるかのようなイベントになったことが嬉しい限りである。
その一環として行なわれたのがウェルカムハイタッチ
楽天生命パークへ向かうシャトルバスに乗車する際、ファンの皆さんと選手がハイタッチをしてくれる企画である。


写真を見る限り、投手陣の安樂、戸村、小野、森投手らが参加したようだ。
球場に到着する前から選手がお出迎えしてくれるとは、何とも粋な計らいである。

また、球場に到着してから実際に球場内へ入場する際も、各ゲートに選手が散らばってお出迎えのハイタッチをした。
自分が応援している選手がそこにいたら・・・なんと嬉しいことだろうか。

東北・TOHOKU再発見フェア

球場を離れ、仙台駅では茂木栄五郎、田中和基選手とクラッチ、クラッチーナが参加したトークイベントを開催。
まさに球場だけでなく、街全体が大いに盛り上がったのではないだろうか。

感謝を伝えよう!サンクスレース!

近藤、今野選手と山崎剛、西巻選手がそれぞれ二人一組のチームになり、ミッションをこなしながらどちらが早くスタジアムに到着できるかを競ったミニゲーム。
球場に向かうまでの間に様々な箇所を周ったようで、普段は見られないユニフォーム姿の選手を街中で見ることができた企画だった。

スタジアム外周イベント

イーグルスガールコンテスト

毎年恒例となったイーグルス選手によるイーグルスガールコンテスト。いわゆる女装大会(?)である。
今年は何とエースの岸投手も参加し、その美しさ(?)からグランプリ(?)に輝いた。

選手が仮装などでパフォーマンスをするのは珍しくないが、若手が中心となって行われるもの。
それに対して、イーグルスでは岸、渡辺直人といったベテラン選手も参加しており、ファンへのサービス精神を感じる。

こたつステーション

今年も様々な企画が目白押しだったが、中でもこたつに入って選手と談笑できるこたつステーションは選手を身近に感じる良い機会だったのではないだろうか。
文字通り、一般家庭にあるようなこたつに選手とテーブルを囲み、交流できる企画である。
私なら、是非一杯酒でも酌み交わしたいところだ…

VR ホームランチャレンジ

IT企業を親会社にもつ楽天らしい、球界初のVR野球コンテンツとして今年8月からサービスを開始したVRホームランチャレンジ
文字通り、VR技術を使って実際に楽天イーグルスの投手が投げる球を打つことが出来る疑似体験が可能。
普段はファンが愉しむことのできるコンテンツを、この日は山崎剛らが体験した。

タカラレーベン東北 ハーモニックステージ

シーズン中もお馴染みのハーモニックステージでは「楽天イーグルス 激辛王は俺だ!」など主力選手が登場しての企画が行われた。
普段は多くても1~2名の選手しかステージに登場しないが、この日は銀次や今江といった主力選手もステージに登場し、多くのファンを前にパフォーマンスを見せてくれた。

Rakuten.FM TOHOKU 24時間生放送スペシャル

球場でもお馴染みのRakuten.FM TOHOKUでは、なんと前日から24時間の生放送をオンエアしていた。
普通のラジオ局でもなかなかやらないことをやってしまう楽天イーグルスの関係者に敬意を表したい…
24時間にわたる方法、ご苦労様でした。

DYNAMITE BOAT RACEイニング 場外レース

本拠地の試合中にお馴染みのボートレース企画がこの日は場外で開催された。
先に紹介したハーモニックステージでは年間表彰式も行われるなど、すっかりファンの間でも定着してきた企画となっている。

イーグルスキッズステーション

普段は球団職員の方が案内などを行なうキッズステーションに選手が登場。
島内、藤平、古川、戸村、森選手らが登場し、カウンター越しという近い距離で子供たちと交流を深めた。

スタジアム内イベント

フィールド内特設ステージ

メインステージとも言えるフィールド内では選手たちによるトークイベントやベストバッテリーと題した投手と捕手によるマッチング企画が開催された。
普段は真剣勝負の中にいる投手と捕手のバッテリーだが、この日は和やかな雰囲気で普段とは違った一面が垣間見えた。

外野レフトステージ

外野レフトスタンドのステージでは高梨、オコエ瑠偉、内田、古川、堀内らが参加し、トークイベントやファンと一緒に料理を作るイベントが開催された。
こちらもファンが一緒に参加できる企画となっており、応援している選手のファンにはたまらない時間だったことだろう。

フィールドイベント

フィールド内では毎年恒例のルーキー選手によるパフォーマンスをはじめ、イーグルスガールコンテストの結果発表や2019年度選手の紹介などが行われた。

また、何と言ってもこの場で聖澤諒、伊志嶺忠選手の引退が発表され、同時に引退セレモニーも行なわれた。

スマイルグリコパーク・イーグルスドーム

スマイルグリコパーク

シーズン中もお馴染みのスマイルグリコパークでは選手が観覧車に乗り込むファンを案内したり、一緒にメリーゴーランドに乗るなど、ここでも選手とファンの交流があった。

EAGLE BRIDGE

こちらも普段から楽しめるアトラクションだが、この日は選手が橋を渡るファンを応援したり、無事にわたり切ったファンにハイタッチでお出迎えをする企画が行なわれた。

イーグルスドーム

シーズンを通して様々な企画を実施しているイーグルスドームだが、この日の午前中には2019シーズンのスペシャルユニフォーム発表会が実施された。来シーズンはTOHOKU BLUEユニフォームが加わり、FANS’ユニフォーム2019としてグレーをメインにしたユニフォームも発表された。
これまでのホワイト、クリムゾンレッド、そしてグリーンや縦じまに続く新たなユニフォームとして闘うことが決まった。

グルメ

シーズン中もスタジアム内外で様々なグルメを味わえるのが楽天生命パークの大きな特徴の1つである。
この日はこうしたグルメの出店はもちろん、選手がファンに食べ物や飲み物を振る舞う姿も見ることが出来た。

まとめ

冒頭にも記載した通り、筆者はこの日参加できていない。
しかし、参加した方々の様子を拝見する限り、本当に選手と近い距離で交流することができると感じる。
また何よりも普段の練習や試合では見ることのできない、オフシーズンらしい和やかな表情やトーク、あるいは見た目からしてまったく違った一面が見られるなど、まさしくファンのために企画されたイベントが目白押しだったことだろう。
フィールド内では聖澤諒、伊志嶺忠の引退セレモニーや、石井一久GM、岡島豪郎選手会長のスピーチがあるなど、来シーズンに向けて引き締まった表情も見ることが出来た。

結論、来年こそ参加したい!!

[PostAd]

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA