2020年度新入団選手発表会見のまとめと各選手の意気込み

今日は先のドラフト会議で指名した2020年度新人選手たちの入団発表会見がありました。
各選手のコメントや意気込みなどをまとめながら、今後の活躍を期待していきましょう。

2020年度の新加入選手(ドラフト指名選手)

ここで改めてドラフト会議で指名した新加入選手をまとめておきます。
1位:小深田 大翔(内野手・大阪ガス)
2位:黒川 史陽(内野手・智弁和歌山)
3位:津留崎 大成(投手・慶應義塾大)
4位:武藤 敦貴(外野手・都城東高)
5位:福森 耀真(投手・九州産業大)
6位:瀧中 瞭太(投手・Honda鈴鹿)
7位:水上 桂(捕手・明石商高)

育成
1位:江川 侑斗(捕手・大分高)
2位:小峯 新陸(投手・鹿児島城西高)
3位:山崎 真彰(内野手・ハワイ大)
4位:澤野 聖悠(内野手・誉高)

ドラフト1位は即戦力の内野手として期待が大きい小深田選手。最初の1位指名は佐々木投手でしたが、抽選で外れるとすぐに路線を変更して即戦力野手の獲得に成功しました。
ドラフト2位の黒川選手は高校野球の名門・智弁和歌山高校で主将も務め、甲子園でも活躍しました。
ドラフト3位の津留崎投手は慶應義塾大学で先発やセットアッパーを務めた即戦力投手。150キロを超えるストレートとスライダーが持ち味で、ブルペンの厚みがより一層増しそうです。

各選手のアピールポイント

会見でアピールポイントを聞かれた各選手の答えがこちらです。

小深田 大翔内野手

足の速さ、足で相手チームをかき回して得点に繋げたい。

黒川 史陽内野手

バッティングと目標に向かってブレないメンタル。

津留崎 大成投手

打者一人一人としっかり向き合う。則本投手のような気迫のこもった投球。

武藤 敦貴外野手

肩の強さ。

福森 耀真投手

154キロのストレート。

瀧中 瞭太投手

社会人での経験とインコースを突くピッチング。

水上 桂捕手

肩の強さや配球。

江川 侑斗捕手

肩の強さ、ワンプレーで試合の流れを変えたい。

小峯 新陸投手

長身から投げ下ろすストレート。

山崎 真彰内野手

粘り強い打撃、相手投手に嫌がられるバッティング。

澤野 聖悠内野手

左右に打ち分ける広角な打撃とバントや足を絡めた小技。

ドラフト上位3名のライバル・対戦したい選手

上位指名の3選手にライバルや対戦したい選手は誰かという質問がありました。

小深田 大翔内野手

ライバルは同じ内野手でショートの茂木選手。対戦したい選手は日本を代表する投手であるホークスの千賀投手。

黒川 史陽内野手

人類最速のメジャーリーガーのチャップマン投手と対戦してみたい。

津留崎 大成投手

同じ慶應義塾大学でチームメイトだった郡司捕手(中日ドラゴンズへ入団)。その理由は『津留崎の全てを知っているから絶対に打てる』と言われたので、対戦するまでに成長して絶対に抑えたい。

各選手が呼んで欲しい愛称

呼んで欲しい愛称を教えて欲しいという質問で各選手はそれぞれ下記のように答えていました。
小深田:こぶちゃん
黒川:くろちゃん(安田大サーカスのクロちゃんと被らないで欲しい)
津留﨑:つるちゃん(前の2人がちゃん付けだったので、じゃあ自分も)
武藤:むっちゃん
福森:ふくちゃん
瀧中:たっきー
水上:けいちゃん
江川:えがちゃん(江頭っぽいですが、という前置き)
小峯:かぼちゃ(頭がデカいからだそう)
山崎:まあきかハワイ
澤野:きよちゃん

目標と意気込みを色紙とコメントで

各選手が事前に用意していた色紙に目標を書き込み、コメントをしました。

小深田 大翔内野手

色紙:開幕スタメン
コメント:鈴木大地選手も加入して層の厚くなった内野陣でキャンプからしっかりアピールし、レギュラー争いの勝負に勝ちたい。

黒川 史陽内野手

色紙:1年目楽天ポイント30万稼ぐ
コメント:プロ野球選手としての最大の目標は誰も成し遂げたことが無い4割打者。その上でまず1年目は1軍で活躍したい。楽天はホームでヒーローインタビューされると楽天ポイントが10万ポイント貰えると聞いたので、1年目で30万ポイント稼ぎたい(最低でも3回はヒーローになりたい)

津留崎 大成投手

色紙:牛タン食べてパワーアップ
コメント:丈夫な体を作って石井GMのような力強い投球をしたい。仙台は初めて来たので初めて牛タンを食べたがとても美味しかった。(どのくらい食べられそうですか?という質問に対して)脂質が多いので食べ過ぎには気を付けます。適度に。

武藤 敦貴外野手

色紙:頼られる外野手
コメント:今回のドラフトでは外野手が自分一人だったが、先輩には辰己涼介選手やオコエ選手など素晴らしい先輩がいるので頑張ります。

福森 耀真投手

色紙:一年間投げ続ける
コメント:長く投げる体力に自信があるので信頼してもらえるように一年間投げ続けていきたい。

瀧中 瞭太投手

色紙:負けない投手
コメント:どんな役割でも負けない、田中将大投手のような負けない投手になりたい。

水上 桂捕手

色紙:勝たせられる捕手
コメント:小林誠司捕手や甲斐捕手のようなチームを勝てすことのできる捕手になりたい。

江川 侑斗捕手

色紙:信頼される捕手
コメント:投手に信頼されるために座り続けられる捕手になりたい。

小峯 新陸投手

色紙:支配下登録
コメント:育成なのでまずは1軍の試合に出るためにも支配下登録を勝ち取りたい。

山崎 真彰内野手

色紙:5 tool player
コメント:ミート、パワー、走力、肩力、守備力の全てをバランスよく活かしていきたい。

澤野 聖悠内野手

色紙:打席を楽しみにしてもらえる打者
コメント:ライオンズの森友哉選手やホークスの柳田選手のような、打席に立つのを楽しみにしてもらえる打者になりたい。

各選手の背番号

今回の入団発表会見の冒頭で背番号が発表され、後半のフォトセッションでユニフォーム姿もお披露目となりました。
各選手の背番号は下記の通りです。
小深田:0
黒川:24
津留﨑:52
武藤:71
福森:49
瀧中:57
水上:78

江川:137
小峯:138
山崎:140
澤野:141

期待を込めてまとめ

プロ野球選手としての第一歩、最初の仕事とも言える入団発表会見。
それぞれの選手が自分の個性や強みを話すと共に、ユーモアのある選手や目の前のことを見据えている選手など様々な表情を見ることが出来ました。
これからファンの前に姿を現したり、キャンプへの参加でチームに合流したりと新しい生活や環境が待っていることでしょう。

ここ最近は育成出身であっても活躍する選手も珍しくなくなってきました。
ドラフトの順位はあくまでもその時の評価であり、プロ入りすれば横一線となります。

こうした若手選手、即戦力として期待される選手たちの活躍が楽天イーグルスを強くすることは間違いありません。

最後になりますが、個人的に最も応援したい推しの選手は津留崎大成投手です。
津留崎投手は高校から慶應義塾という高学歴ながら野球にも励み、プロ入りを掴みました。
大学時代は先発もしていましたが、最後の秋季リーグはセットアッパーを務め、ブルペンを支えました。
現状、楽天イーグルスの中継ぎ陣は層が厚いと言えますが、その中に加わって勝利の方程式になってくれることを期待しています。

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA