楽天生命パーク宮城 AIを活用した体表面温度検知ソリューションを導入

株式会社楽天野球団(本社:宮城県仙台市宮城野区、 代表取締役社長:立花 陽三)は、 株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、 代表取締役社長:原 一将)が提供するAIを活用した体表面温度検知ソリューションを導入することとなりましたので、 お知らせいたします。
スマートスタジアムのさらなる活性化と来場者満足度向上を目指し、 楽天生命パーク宮城で開催する一軍公式主催試合において、 本ソリューションを使用した体表面温度測定を実施いたします。
<AI体表面温度検知ソリューション 概要>

■AI体表面温度検知ソリューション

AIと赤外線サーモグラフィーを活用することで、 帽子やマスク着用時も即座に体表面温度(誤差±0.3度)を検知します。

人間の顔を認識した上で測定することで誤検知を抑え、 1秒以下での検知を可能にしています。
また、 同時に最大30名の体表面温度を検知、 ログを残せるため、
大規模イベント等に最適なソリューションとなっています。
https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/manufacturers/iei_integration/products/135101/

■特徴
・マスク着用でも検知できる

・同時に最大30名まで測定可能
・測定作業時間は一人当たり約1秒

■設置
楽天生命パーク宮城内3箇所

発行元:株式会社楽天野球団 PR TIMESプレスリリース詳細へ
PR TIMESプレスリリース詳細
データ提供:

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA