8/8(土)楽天野球団×岩手県陸前高田市「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」が完成

高田松原運動公園に新愛称の球場が完成

株式会社楽天野球団(本社:宮城県仙台市宮城野区、代表取締役社長:立花 陽三)は、8月8日(土)、陸前高田市高田松原運動公園内、高田松原運動公園第一野球場が新愛称「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」として完成・お披露目となりましたので、お知らせいたします。
楽天野球団と岩手県陸前高田市は、2017年3月にスポーツ交流活動パートナー協定を締結し、その一環としてパートナー協定締結時に球場の新愛称を発表いたしました。

高田松原運動公園内「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」は、東日本大震災で津波の被害を受けた陸前高田市の沿岸部に整備され、本日、執り行われた陸前高田市高田松原運動公園完成記念式典を機に施設の一般利用が開始となります。

今後は市内の野球愛好家・スポーツ少年団・部活動等での利用や、スポーツでの人口交流事業として他地域からのスポーツ合宿や、公式大会の誘致などに活用してまいります。 また、公園としての機能も持ち合わせていることから、スポーツ以外のイベントにも活用される予定となっております。
魅力溢れる岩手県から希望と活力が全国へ発信されることを祈念しております。

<「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」 概要>

■場所:陸前高田市高田松原運動公園第一野球場[岩手県陸前高田市高田町曲松116]
■収容人数:4,499名(約4,500名)
■両翼、 中堅:両翼99m、 中堅122m
■参考
<これまでの陸前高田市との取り組み>
・2011年8月 イースタン・リーグ公式戦 ※東日本大震災により中止
・2017年3月 スポーツ交流活動パートナー協定締結
・2020年6月 イースタン・リーグ公式戦 ※コロナウイルス感染拡大の影響によるプロ野球開幕延期に伴い中止
・2020年9月頃 TOHOKU SMILE PROJECT第3弾「こどもスタジアム」寄贈予定

<スポーツ交流活動パートナー協定の主な内容>
・野球教室開催
・楽天生命パーク宮城への団体観戦ご招待事業
・陸前高田市内の街並みに楽天イーグルスのフラッグを掲出


※本日こけら落としとして開催された、 少年野球大会の様子

※「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」に関する詳細は以下よりご確認いただけます
https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00003093.html

発行元:株式会社楽天野球団 PR TIMESプレスリリース詳細へ
PR TIMESプレスリリース詳細
データ提供:

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA