イーグルス ホームランチャリティー Supported by SMBC日興証券

株式会社楽天野球団(本社:宮城県仙台市宮城野区、代表取締役社長:立花 陽三)は、7月19日(金)福岡ソフトバンクホークス戦より、2019シーズン(レギュラーシーズン)最終戦までの30試合で、楽天イーグルス選手が楽天生命パーク宮城でホームランを1本記録するごとに、こども病院などの施設に車椅子を1台寄贈することとなりましたので、お知らせいたします。
なお、こちらの企画はSMBC日興証券株式会社様にご協賛いただいております。
<イーグルス ホームランチャリティー Supported by SMBC日興証券 概要>

■実施期間
7 月19 日(金)福岡ソフトバンクホークス戦~2019シーズン最終戦(30試合)

■内容
楽天イーグルス選手が楽天生命パーク宮城で行われる一軍公式戦でホームランを1本記録するごとに、東北エリアのこども病院、福祉施設に車椅子を1台寄贈
※シーズンオフに選手が贈呈に訪問する予定

■協賛
SMBC日興証券株式会社 

■浅村 栄斗選手コメント
楽天生命パーク宮城でホームランを打って、チームの勝利にだけでなく、施設の子どもたちにも貢献できるのは嬉しいですね。1本でも多くホームランを打てるよう頑張ります。

発行元:株式会社楽天野球団 PR TIMESプレスリリース詳細へ
PR TIMESプレスリリース詳細
データ提供:

The following two tabs change content below.
イーグルスファン通信【編集長】

イーグルスファン通信【編集長】

2006年の野村克也監督時代からのイーグルスファン。本格的に応援し始めたのは2016年頃から。関東拠点のため1軍の現地観戦はZOZOマリン、メットライフがメイン。交流戦でのハマスタ、神宮、東京ドームは外せない。 イーグルスファンならではのコンテンツを心掛けて執筆しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA